コンフォクレール

遠近両用

コンフォクレール

医療機器承認番号:21200BZZ00604000

遠・中・近の全ゾーンをバランス良く見ることができる。 ハードなのに柔軟性を持ち、酸素も通す快適なレンズです。

遠近両用コンタクトレンズの「同時視型」と「交代視型」、それぞれのよい点だけを組み合わせて設計。レンズの前面・後面の非球面カーブで度数を変化させることで、一般の遠近両用コンタクトレンズでは難しいとされていた高い加入度(近くを見えやすくする度数)を実現しました。老眼初期のミドルの方からご年配の方まで幅広くご利用いただけます。

●同時視型の特徴

遠くと近くを見る部分が同じ場所にほぼ重なり合っている。見たい方を頭で判断してピントを合わせるため、視線を移動しないで遠近両方を見られるが、遠くか近くのどちらかが優先されてしまうことがある。

●交代視型の特徴

遠くと近くを見る部分が上下に分かれている。見たい方へ視線を動かしてピントを合わせるため、遠くと近くをハッキリ見分けられるが、中間ゾーンが見えにくいことがある。

主な特徴

①「同時視型」と「交代視型」のメリットを活かした画期的な製品です。
②境目のない視界を実現。視線をスムーズに切り替えられる快適なレンズです。
③まばたきの動きまで考慮した設計。ストレスなく安定した見え方です。
④ハードながら柔軟性に優れた素材を採用。ややしいつけ心地を実現しました。
⑤酸素が角膜に直接届く酸素透過性素材を採用。連続装用も可能です。
 (酸素透過係数:DK値=150)
★レインボークレールと同じレンズ設計で、素材が異なります。

※見え方と装用感には個人差があります。また、レンズの寿命は使用状況によって異なります。

この商品に関連するお客様の声

50代 女性

初めて遠近を使用しました。良く見えて世界が明るくて喜んでいます。

50代 女性

初めて購入装着致しました。何の違和感のなく生活に支障をきたす事なく使用させて頂いております。 遠視コンタクトより遠近に変えて良かったと思いました。

60代 女性

若い時から近視用のコンタクトを使用していましたが、高齢になるにつれて近くが見えにくくなり、こまっていました。 遠近両用のコンタクトを使用し、快適な日常生活を送っています。

60代 女性

遠近両用コンタクトレンズはどのスタッフの方も余りお勧めにならず、眼鏡を作っていたのですが、 化粧するのにも見えづらくなりコンタクトに挑戦してみました。全く違和感もなく早く作っておけばよかったなと後悔しているくらいです。

60代 女性

コンフォクレールを使っています。遠近両用でどちらも大へん見やすく愛用させていただいております。

50代 女性

このコンタクトにしてから近くを見るのに苦労がなくなり大変助かっています。有難うございます。

コンタクトをご検討の方・コンタクトでお悩みのへ

「初めてなので不安がある」「どれを選んだら良いかわからない」「今使っているコンタクトの見え方が気になる」など、コンタクトレンズについてのさまざまな疑問やご質問にお答えいたします。

近視の人は老眼(老視)にならないと聞きましたが、本当ですか?

詳細はこちら

「コンタクトレンズの寿命」という言葉を聞いたのですが、それは目に合わなくなったということですか?

詳細はこちら

デスクワークが多いのですが、仕事をしているとだんだん目が乾いてくるように感じます。どうしたらよいのでしょうか。

詳細はこちら

コンタクトを外さずに寝てしまった場合、レンズが眼の裏側に入り込んでしまうことはありませんか。

詳細はこちら