人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

最適なレンズの選び方

簡易適性診断(セルフチェック)でわかる、レンズの適性。

最適なレンズを簡易適性診断表で探し直してみましょう

コンタクトレンズをつけていらっしゃる方のお悩みで、多く聞かれる内容が、「目が乾いた感じがする」「レンズが目に貼りつくような感じ」「目が充血する」というご意見です。

このような状態を自覚したときは、目が危険信号を発していると思ってください。今お使いになっているレンズが本当に適しているか、下の簡易診断表で調べてみてください。

下記のお尋ねの内容をよくお読みいただき、右の「お答えの欄」から該当するものをひとつ選び、左の□欄をチェックしてください。(お願い:簡易適性診断表はダウンロードしてお使いください)

  お尋ねの内容 お客様のお答え(左の□の中に○をつけてください) 適性スコア
レンズの使用頻度はどのくらいですか?   1〜2回/月 1
  1〜2日/週 2
  3〜4日/週 4
  5〜6日/週 5
  毎日 5
B 1日何時間ほど使用していますか?   4時間未満 1
  4〜8時間 3
  8〜12時間 4
  12〜16時間 5
  16時間以上 5
C 今、お使いのレンズの「見え方」はどうですか?   いつも、ハッキリ見えている 1
  そこそこよく見えている 2
  時間がたつと少しボヤッとしてくるときがある 3
  夕方時になると時々かすんで見えにくい 4
  夜になると文字が見づらくなることが多い 5
D 今のレンズは、どのようなつけ心地ですか?   一日中、快適なつけ心地 1
  “快適”とまではいかないが、まあまあよい 2
  つけ終わるころに、やや疲れた感じがする 4
  長い時間つけていると、目がしょぼしょぼする 5
  長い時間つけていると、目が充血する 5
E 使用中、“レンズが目に貼りつく”感じはありますか?   まったく感じない 1
  わずかに、感じることがある 3
  時々感じることがある 4
  長時間使用すると感じてくる 5
  毎日感じている 5
F 目薬はどのくらいの頻度でさしますか?   まったくささない(ささなくても快適) 1
  時々、さすことがある 3
  1日に1〜2度さす 4
  2〜3時間に1度くらいはさしている 5
  ひんぱんにさしていないと目が痛くなる 5
G “目の健康”を気にしていますか?   とても大切なことだと、いつも気にしている 1
  大切なことだとは思っている 2
  ときどき気になることがある 3
  それほど気にしていない 4
  まったく気にしていない 5
H レンズのお手入れは、こまめにしていますか?   毎日必ず、ていねいに行っている 1
  大体はしているつもり 3
  時々忘れることがある 4
  あまりしていない 5
  1DAYタイプなのでする必要がない 1
I 眼科で定期検査を受けていますか?   3ヶ月ごとに受けている 1
  6ヶ月に1回受けている 3
  1年に1回受けている 4
  調子が悪いなど、気になるときに受けている 5
  受けていない 5
J ご使用中のレンズの「年間コスト」を気にしますか?   高くても全然気にしない 1
  少し気になる程度 2
  ほどほどがいい 3
  少しでも安ければありがたい 4
  安いほうがいい 5

スコア合計

スコアの合計ポイントによる簡易適性診断

27ポイント未満=今のレンズをそのままお使いいただいても大丈夫です。

27ポイント以上=涙液の交換がよく、安全性の高いハードレンズに変えたほうがよいでしょう。
ただし、使う頻度が少ない(週1〜2日)方は、経済性を考えて1DAYタイプを使われることをおすすめします。

*ハードレンズを使用している方で27ポイント以上の場合、レンズの種類を変えるか、装用時間、 お手入れ、お取り扱いなどを再確認してください。

※お願い:簡易適性診断表はダウンロードしてお使いください。

簡易診断表のダウンロードはこちら

PDF形式のファイルをご覧にいただくためには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない場合は、
右の“Get Adobe Reader”アイコンをクリックしてください。

ワンポイントアドバイス

1.レンズが目に貼りつくように感じる方は、レンズ素材自体水分量が少ないタイプ(ハードレンズ、またはシリコーンハイドロゲル)をおすすめします。

2.装用時間が長くなりがちの方は、涙液交換に優れるハードレンズがよいでしょう。

3.使用環境が日によって異なる場合(時に激しいスポーツをすることがあるなど)はハードレンズと1DAYタイプソフトレンズや、メガネとの併用をおすすめします。

  • 最適なレンズの選び方
  • まずは「安全性」の高い
ハードレンズからお試しください
  • 簡易適性診断(セルフチェック)でわかるレンズの適性
  • 目の状態別やライフスタイル別で探してみましょう