人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

最適なレンズの選び方

まずは「安全性」の高いハードレンズからお試しください。

初めて装用する場合必ず眼科医の診察をお受けください

コンタクトレンズを初めてつけようとする場合、目の中に入れるというイメージがわからないため、ちょっと怖いと思う方もいらっしゃいます。でも、眼科医でしっかりした検査を受け、最適なレンズを選択しさえすれば、そのような心配はありません。

コンタクトレンズは高度管理医療機器なので、購入する前は必ず眼科医の処方を受けなければなりません。なぜならコンタクトレンズは、一人ひとりの目にしっかり合わせることで適切な視力矯正効果が表れるからです。

できれば「安全性」の高いハードレンズからお試しになることをおすすめします

ご存知のとおり、コンタクトレンズには大きく分けてハードとソフトがあります。一般的なイメージでは、ソフトはその名称から「柔らか」「優しい」「つけ心地がよい」と思われており、初めて装用する方でもつい選びがちになってしまうレンズです。

でも、ここでよく考えることが必要です。目にとって何が一番大切なのでしょうか。それは、やはり「安全性」です。

最初のつけ心地がよいという理由だけで、安易にレンズを選んでしまうと、その使い方によっては、眼障害になるリスクが高くなることを忘れてはいけません。

目の健康面を第一に考えるなら、やはりハードレンズからお試しになることをおすすめします。

最近では、初期装用感に優れたハードレンズが増えてきましたから、そのつけ心地をお試しになってご判断いただくことをお勧めします。

レインボーでは、ハイサンソ u や、新発売のプロミネントがつけ心地の良さにおいて一番におすすめするレンズです。

  • 最適なレンズの選び方
  • まずは「安全性」の高い
ハードレンズからお試しください
  • 簡易適性診断(セルフチェック)でわかるレンズの適性
  • 目の状態別やライフスタイル別で探してみましょう