人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

コンタクトの知識

コンタクトレンズをおつくりになるとき。

まず眼科医で診察をうけてください。

高度管理医療機器であるコンタクトレンズは、購入する前に眼科医の処方を受けなければなりません。診察を受けていただき、眼の状態やお使いになるときの状況、そしてライフスタイルなども含めて眼科医にご相談していただきながら、最適なレンズをお選びください。

また、購入した後も、定期的に眼科医で検査を受けることを忘れないようにしてください。なぜなら、わずかな眼障害に気づかず使用してしまうこともあり、それを放っておくと目にダメージを与える危険性があるからです。さらに、知らないうちに症状がすすんでいることもあるので、自覚症状がなくても3ヶ月に1度、定期的に検査を受けられることをおすすめします。

検査の内容と手順

step01 問診

どのようなときに使いたいのか、眼を患ったことはないか、
などを確認します。

step02 屈折検査

裸眼視力の測定とレンズを用いて屈折矯正の検査をします。

step03 角膜形状検査

角膜のカーブを測定し、表面の歪みなどを調べます。

 

step04 涙液検査

涙の質と量を検査します。

 

step05 診察

角膜に異常がないかなど、コンタクトレンズが装用できる状況かを検査します。ABCのデータをもとに最適なレンズを選びます。

step06 フィッティング検査・度数調整

テストレンズを装用し、レンズの動きを確認したり眼の カーブに合わせた後、度数調整を行います。

 

step07 レンズの正しい取扱説明

つけはずしの練習や、洗浄、保管の仕方を学びます。

お子様の場合

コンタクトレンズを装用するのに、適した年齢というのは特に定められてはいませんが、レンズのお取り扱いや、お手入れなどが自分自身でできるようになってからが望ましいとされます。

個人差がありますが、小学校高学年や中学生くらいから始められる方もいらっしゃるので、詳しくは眼科医にご相談ください。

  • コンタクトの知識
  • コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
  • コンタクトレンズとメガネでは
ここが違う
  • ハードレンズの方がソフトレンズ
よりなぜ優れているのか
  • コンタクトレンズをおつくりに
なるとき