人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

コンタクトの知識

コンタクトレンズとメガネでは、ここが違う。

コンタクトレンズとメガネの度は異なります

コンタクトレンズとメガネでは、度が異なるのをご存知ですか。メガネをかけるときは、レンズと眼の間に一定の距離(約12ミリ)があるのに対して、コンタクトレンズの場合は角膜の表面にのっているので、近視の場合はメガネよりも度が弱くなるのです。

コンタクトレンズとメガネの決定的な違い

コンタクトレンズとメガネでは、いろいろな点で違いがあります。その一番大きな違いは安全性です。
メガネの場合は装用することによって眼に傷がつくことはありません。一方コンタクトレンズの場合は、障害が起きる可能性があり、それがコンタクトレンズの弱点といわれています。
しかし光学的にはコンタクトレンズの方が数段優れているといわれています。

メガネをかけたときの見え方は、近視の場合、対象物が小さく見え、遠視の場合は逆に大きく見えます。度数の強い近視用メガネを使用するとモノが一段と小さく見え、適性な見え方ではなくなります。

また、レンズの端の厚みが一段と増してくるので、中心部で見ているだけならまだしも、眼を動かしてレンズの周辺で見た場合、ピントのズレが生じてモノが二重に見えたり、違和感を覚えたりします。

例えば強度近視でお悩みの方にとって、現実的に分厚いメガネをかけることは難しいので、度数を弱めて調整することが多くなります。これがメガネの大きな弱みです。

コンタクトレンズの方がはるかに優れる見え方の質

コンタクトレンズはメガネと違い、見る対象が適度な大きさで見えます。また、レンズが眼球とともに動くので歪みを感じることがほとんどありません。つまり「見え方の質」はメガネに比べ、格段に良くなります。

さらに、左右の度が違うとき(こういうケースはよくありますが)、メガネの場合は眼底(網膜)に写る像の大きさが違ってきますが、コンタクトレンズの場合はその大きさにあまり違いがないため、左右の度が違っていても適正な視力を得やすくなります。これが、光学的に優れているといわれるところです。

コンタクトレンズの方がはるかに優れる見え方の質

コンタクトレンズとメガネの違いについて、あらためてご理解いただけたかと思いますが、だからといってメガネがまったく必要ないかというと決してそのようなことはありません。

例えば、眼に異常を感じた場合、そのままコンタクトレンズを装用しているわけにはいきません。でもレンズを外したままでは不自由ですから、そんなときに助かるのがメガネです。

また、眼障害にかかったときなど眼科医の指導でコンタクトレンズの装用を一時的に中止せざるを得ないことも考えられます。

万が一に備えて、メガネもお持ちいただくことをおすすめします。

だからうれしいコンタクトレンズ

メガネは顔の印象を変えてしまいますが
コンタクトは素顔の魅力を伝えることができます

メガネのようにフレームで視界がさえぎられることも
ありません

寒い場所から暖かい場所に入ったときでも
曇ったりしません

メガネのように周辺が歪んで見づらいということも
ありません

コンタクトレンズを使用しながらサングラスをかける
などお洒落を存分に楽しめます

  • コンタクトの知識
  • コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
  • コンタクトレンズとメガネでは
ここが違う
  • ハードレンズの方がソフトレンズ
よりなぜ優れているのか
  • コンタクトレンズをおつくりに
なるとき