人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

健康な瞳のために

コンクタトレンズの「つけっ放し」と「汚れ」は大敵です。

つけっ放しは、角膜を酸素不足にする

角膜が酸素を必要としていることはすでにおわかりいただいていると思いますが、どんなに優れたレンズであっても、それを長時間つけっ放しにしていると、角膜が次第に酸素不足状態になっていってしまうので、決して良くはありません。

例えば、就寝中の角膜に行き届く酸素量は、起きているときと比べると1/3ぐらいに減っています。
眼をつぶっているだけでそのような状態になるので、コンタクトをつけたままにしておくことは、汚れの蓄積にもつながり、眼のために良くありません。

まして、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうと角膜が酸素不足となり、合併症をひきおこす危険が高まってしまいます。

安全性に優れているハードコンタクトレンズといえども、長時間つけっ放しにすることのないよう気をつけなければなりません。

つけっ放しは、角膜を酸素不足にする

レンズを一度装着すると、涙に含まれるタンパク質や脂質などによって、レンズは必ず汚れます。この汚れは「こすり洗い」をすることによっておとすことができるので、一日の使用が終わった後は必ずこすり洗いを行い、レンズをきれいにしてください。

面倒だから、というような理由で日頃の手入れを怠ったりすると、眼の健康を保つことはできませんので注意しましょう。

  • 健康な瞳のために
  • コンタクトレンズと目の関わりを知ろう
  • ハードレンズがソフトレンズより「安全」という理由は、素材の違いにあります
  • コンタクトレンズの「つけっ放し」と「汚れ」は大敵です