人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

健康な瞳のために

  • HOME
  •  >> 
  • 健康な瞳のために
  •  >> 
  • ハードレンズがソフトレンズより「安全」という理由は、素材の違いにあります。

ハードレンズがソフトレンズより「安全」という理由は、素材の違いにあります。

ソフトレンズは決して眼に“優しく”ありません。

初期装用感に優れ、そのつけ心地のよさからソフトコンタクトレンズは眼に優しい、と誤解されている方がいらっしゃるようです。
しかしながら、ソフトレンズは最初のつけ心地のよさと引き換えに、多くの欠点があるのです。

ソフトレンズの「水を含む」素材が微生物繁殖の温床に。

ソフトレンズの大きな欠点は、水を含む素材でつくられていることです。「水を含む」と聞くと、何となく“潤い豊か”と錯覚してしまいますが、これは大きな 誤解です。

水を含むことがなぜ欠点なのでしょうか。それは素材自体、つまりレンズが、微生物の繁殖しやすい環境を作り上げてしまうからです。当然、微生物の中には眼障害を引き起こすものも含まれており、今の消毒剤ではほとんど効かず、煮沸しても消滅しないという、とても厄介なものまであります。

つまり、ソフトレンズそのものが微生物の温床になってしまう危険性があるのです。

「水を含む」素材だから、かえって乾燥感を引き起こす。

ソフトレンズは、装用しているうちに外気に触れている部分から乾いていく、ということをご存知ですか。
水分が乾きはじめたレンズ(素材)は、足りなくなった水分を涙で補おうとします。これが“眼が乾く感じがする”仕組みです。

ソフトレンズは水を含む素材でつくられているから“眼に優しい”というイメージは誤りである、ということが、これでお分かりいただけたかと思います。

ハードレンズは水を含まない素材でつくられているので“安全性に”優れている。

その点、ハードレンズは水を含まない素材でつくられているため微生物の温床になりにくく、それがソフトレンズよりも“安全”といわれるひとつの理由なのです。

  • 健康な瞳のために
  • コンタクトレンズと目の関わりを知ろう
  • ハードレンズがソフトレンズより「安全」という理由は、素材の違いにあります
  • コンタクトレンズの「つけっ放し」と「汚れ」は大敵です