人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

コンタクトライフQ&A

  • HOME
  •  >> 
  • コンタクト・ライフQ&A

コンタクトレンズのお取り扱いやお手入れの仕方、またそのほか
わかりにくいことや、眼の健康に関するご質問にお答えいたします。

コンタクトレンズを保存するとき、レンズケースに水道水を入れて保存しても大丈夫ですか。

レンズを保存するときは必ず洗浄保存液をお使いください。水道水や井戸水の中にいるアカントアメーバーなどの雑菌が繁殖し、重い眼障害になる可能性があるからです。
洗浄保存液は、こすり洗いを行っても落としきれない汚れを浸け置きすることで落とすことができます。また一部の洗浄保存液は雑菌やカビなどの増殖を防ぐ効果もあります。
ただ、せっかく洗浄保存液をお使いいただいても、ケース自体が汚れていると雑菌が繁殖する温床にもなりかねません。レンズケースも水道水を流しながらよく洗っていただき、自然乾燥させるなど、常に清潔を保つようお気をつけください。

ハードコンタクトレンズを1か月以上使わないときは、どのようにして
保存したらよいのでしょうか。

使用したレンズを1か月以上使わずに保存する方法はふたつあります。

1.洗浄保存液を定期的に取り替えながら保存する方法

      モイストワンプラスの場合は1か月に1度。
      その他の洗浄保存液なら1週間に1度が交換の目安です。

2.乾燥状態で保存する方法

      @こすり洗いをしたあと、流水でよくすすぎ、レンズケースのなかで
          一晩、洗浄保存液に浸けておきます。
      A一晩たったらケースからレンズを取り出し、水道水でよくすすいで
          ください。
      Bレンズケースを水道水でよく洗い、自然乾燥させてからレンズを
          しまい、保存してください。

レンズのコンディションを保つため、1の方法をおすすめします。レンズを1週間以上使用しなかったときは、装用する前に眼科で検査を受けてからお使いください。

ハードコンタクトレンズの内側が洗いにくいので、上手に洗える
方法を教えてください。

レンズが変形したり破損したりしないよう、手のひらと指先を使った洗い方をおすすめしています。
レンズの内側を洗うときは手のひらの“くぼみ”を深くし、レンズが動かないようにして、反対側の指先でゆっくりこすっていただくと、きれいに洗えます。
こすり洗いをするときは、指を自分の体側に引くように動かしてください。いろいろな方向にこすったりすると、レンズが変形したり、破損したりする原因になりますので、お気をつけください。

ゴミが少しでも目に入ると痛いのに、どうしてコンタクトレンズを
入れても大丈夫なんでしょうか。

ゴミが目に入ると、確かにゴロゴロしたり、痛みを感じたりすると思います。それは、ゴミの尖った部分が角膜(黒目)や瞼の裏にあたるからです。ゴミの尖った部分が角膜に触れると痛さを感じ、涙に浮かんでいるとゴロゴロした感じ(異物感)になることが多いようです。
コンタクトレンズは、レンズ周辺部を薄くしたり、丸みを持たせたりするほか、表面をなめらかにしたり、デザインや工程でさまざまな工夫が施されているから大丈夫なのです。

コンクタトレンズの平均寿命は何年ぐらいですか。

ハードレンズの場合、一般的に2〜3年といわれています。ただし、レンズにつく傷や汚れは個人差(涙の質や量、また、お取り扱いやお手入れ方法の違いなど)によって大きく異なり、それが耐久年数を左右します。
アンケートの結果では、ハードレンズをお使いの方が平均で3.3年。そのうち、レンズの傷などが原因で交換した方(63%)の平均が3.4年。
お客様の眼の状態が変化したという理由で交換した方(37%)の平均が3.1年でした。

使い始めてまだ2日目なのに、レンズが曇ってしまいます。
モイストワンプラスで通常通り洗浄しましたがやはり曇ります。
どうしたらよいのでしょうか。

1日目は問題なくお使いいただけたとしてお答えします。 コンタクトレンズが曇るのは、表面に汚れが付着して涙がはじかれるため起こりますので、コンタクトを外して翌朝つけるまでの間に、何らかの汚れがついたと考えられます。
この状況から考えられる原因は3つあります。

@化粧品、ハンドクリームなどの油脂類
A石けんの残留成分
B涙などに含まれる脂質

最近、特に増えてきたのが@の化粧品、ハンドクリームなどの油脂類です。
それはこれらの成分が、簡単に洗い落とせなくなっているためです。
今回ご質問いただいた曇りの原因は、@またはAの可能性が高いと思われます。そのため、洗浄液(研磨剤入りを除く)でやさしくていねいにこすり洗いしてみてください。また、水よりもぬるま湯で洗ったほうが油脂類は落ちやすいですから、レンズをすすぐときにお試しください。
原因の@〜Bは、知らないうちにレンズに油脂類がつくため起こります。
レンズに触れる前には手や指を石けんできれいに洗い、すすぎをしっかり行ってください。
特に最近のハンドソープ類は、手荒れを防ぐために油脂成分が配合されているものが増えており、よくすすぐことが大事です。

コンタクトレンズをしているときでもアイメイクをしたいのですが、
よい方法はないでしょうか。

コンタクトレンズを利用されている女性のお客様から、このようなご相談をよくお受けします。コンタクトレンズメーカーの立場でいうと、眼の安全や装用感などを考え、アイメイクは控えめにしていただきたいというお答えになりますが、お化粧したいというお気持ちを考え、美容アドバイザーのご意見も紹介します。

★以下、美容アドバイザーのお話

どちらかというと、先にコンタクトレンズをつけてからアイメイクしたほうがよいでしょう。理由は、マスカラやシャドーを施した後にコンタクトをつけるとレンズに汚れがつく可能性が高いからです。また、アイライナーはリキッドタイプでは汚れがつきやすいので、ペンシルタイプの方がよいでしょう。
気をつけなければならないのはアイシャドーです。パウダータイプのシャドーは粉が飛んで眼に入りやすいので、シャドーをつけるときはクリームタイプのものを薄くのばすようにつけてください。 マスカラはさらに注意が必要です。特にファイバーが入っているタイプは絶対に避けてください。マスカラのファイバーが瞼の裏に刺さることがあるからです。どうしてもマスカラをつけたいときは、ファイバータイプや刺激のある揮発性のものを避け、絶対につけ過ぎないように注意してください。もっとも、眼の安全のためにはマスカラはしないほうがよいでしょう。
そして、ほんのわずかでも異常を感じることがありましたらアイメイクは即座にやめて、眼科医の診察をお受けください。

コンタクトレンズケースのお手入れについて、頻度などを
教えてください。

レンズケースやホルダーは、朝、保存液を捨てた後にケースやキャップの内側をお手入れしてください。方法は次のとおりです。

@レンズを装用したら、ケースの中の保存液を捨ててください。
A次に水道流水でケースやキャップの内側をよくすすぎます。
Bすすぎ終わったらケースを自然乾燥させます。

ケースの内側が雑菌に汚染されないよう、自然乾燥させることが大事です。できればケースは2本用意し、交互にお使いになることをおすすめします。

★ご注意 ケースを洗うとき、石けんや洗剤は使用しないでください。また、熱湯は使用しないでください。お湯で洗う場合は50℃以下にしてください。(ケースの変形や変色を防ぐためです)
ケースに傷がつくと、その部分に汚れや雑菌、カビなどがつきやすくなります。汚れが目立ち始めたら、眼の安全のためにケースの交換をおすすめします。

コンタクトレンズを毎日つけているわけではないのですが、
毎日つけていたほうがよいのでしょうか。

コンタクトレンズの使い方は人によっていろいろあるので、必ずしも毎日使わなければならない、ということはありません。大事なことは、眼の負担を極力減らすことです。 例えば、前日にレンズをつけず、その翌日いきなり長時間つけるとなると眼に大きな負担がかかるため、そのような使い方は避けたほうがよいでしょう。計画的に、毎日少しずつ装用時間を増やしていくのが理想的です。必要以上に長く装用すると眼の負担が大きくなるので、必要最小限の使用にとどめるほうがよいと思います。
そのほか、メガネと併用したり、コンタクトレンズを使い分けする方もいらっしゃいます。眼の健康や年間コストを考慮し、普段お使いになるレンズはハードに、そして激しいスポーツを行うときなどは1DAYタイプのソフトレンズをつけるという使い方もあります。ライフスタイルに合わせて使い分けをすれば、より快適なコンタクトライフを送ることができるでしょう。

目の検査は、眼科で定期的に受けなければならないのですか?

目の検査は、受診されている眼科医師の指示に基づいて、必ず定期的に受けてください。検査を定期的に受けていただくことで、目に何らかの問題が発生している場合にも早期に発見できることがあります。
コンタクトレンズを装用している人にとって、検査を定期的に受けていただきたい一番の理由は、自覚症状のない程度のわずかな眼障害があるときにレンズを装用し続けると症状が進行し、目に大きなダメージを被る恐れがあるからなのです。
検査を定期的に受けていただくことでメリットもあります。それはレンズの状態(汚れ、傷、変形など)を点検できることと、目の状態の記録を残せることです。 健康な目の状態を保ち、快適なコンタクトライフを送るためにも、眼科医師による定期検査が必要なのです。

今度、コンタクトレンズをつくり替えようと思っていますが、
今使っているコンタクトレンズをつけて行ったほうがいいですか。

コンタクトレンズをつくり替えるときは、コンタクトをつけずに行かれることをおすすめします。できれば1日以上外しておくとよいでしょう。
なぜなら、コンタクトをつけたままでは目の状態を正しく検査できないことがあるからです。
また、それまでお使いになっていたレンズを参考のために持って行かれるとよいでしょう。

コンタクトレンズを外さずに寝ても大丈夫ですか?

寝るときは、コンタクトレンズを必ず外してください。その理由は、コンタクト をつけたまま寝てしまうと角膜に酸素が届きにくくなるからです。就寝中、まぶ たを閉じているときに角膜に届く酸素の量は、裸眼状態でも起きている時と比べ 1/3くらいに減っています。つまり、コンタクトをつけたまま寝てしまうと、 角膜が酸素不足に陥り、眼障害を起こすリスクが高くなってしまうのです。
仕事上など特別な理由によって、コンタクトレンズを一定期間つけたままにする (連続装用)必要があるときは、事前に眼科医師の診察を必ず受けて、連続装用 が可能かどうかの判断を仰ぎ、指示に従ってください。

外国へ旅行するとき、行く先の国の水道水を使ってレンズを洗って大丈夫でしょうか。

外国といっても、国や地域によって水質が異なるため、一概に日本国内の水道の ように安全、安心とは言えません。国によっては、現地の人は大丈夫でも日本人 が飲んだ場合、腹痛や下痢などを引き起こすことがあります。
どの国に行っても安全な“すすぎ液”としておすすめできるのは、生理食塩水と蒸留水です。どちらも日本国内では安価で手に入るので、外国へ行くことが決まりましたら、予め用意されるとよいでしょう。ただ、生理食塩水を購入するときは処方箋が必要になりますので、行きつけの眼科で購入目的(海外旅行等)を説明し、お求めください。蒸留水は薬局等で市販されています。
なお、これらの液体を飛行機に持ち込むとき、機内には100ミリリットルまでし か持ち込めませんので、スーツケースに入れて預けるようにするとよいでしょう。

※生理食塩水、蒸留水については、開封後の使用期限にご注意ください。

レンズに油膜のようなものがついて取れないのですが、どうしたらよいですか。

レンズの汚れは、体から分泌されるタンパク質・脂質・カルシウムが主なものです。またそのほかに、化粧品などに含まれる油脂類の場合もあります。油膜のように見える汚れは脂質かと思われますが、脂質は温度が低くなると固まる性質があるため、30℃〜40℃程度のぬるま湯ですすぐと落ちやすくなります。ただし、お湯の温度が高すぎるとレンズを変形させる恐れがありますので、くれぐれも温度にはご注意ください。
またレンズのお手入れで、こすり洗いのときに使われる洗浄液は、高分子微粒子入りのタイプのものを使われることをおすすめします。いったん汚れがこびりついてしまうと、通常の洗浄では落ちにくくなりますので、毎日のお手入れをていねいに行うようにしてください。
汚れが付着してしまったレンズが使えるかどうか判断に困ったときや、お手入れに関してご質問があるときは、レンズを購入なさった施設か、レインボーのお客様相談窓口(フリーダイヤル:0120−009974)までお問い合わせください。

遠近両用コンタクトレンズの「コンフォクレール」は、乱視にも効果があるのですか。

レインボーの遠近両用コンタクトレンズ「コンフォクレール」は、ハードコンタクトレ ンズなので乱視を矯正する効果があります。
乱視は大きく分けて角膜(眼球の表面)で発生するものと、水晶体(眼球内のレ ンズ)で発生するものがあります。ハードコンタクトレンズは角膜乱視を矯正す る効果が高く、円錐角膜など、不正乱視の視力補正にも使われます。
コンフォクレールはハードレンズなのですが、しなやかに曲がる画期的な素材を 使用しています。ただしソフトコンタクトレンズと比べると、形状保持能力に優 れているため、中等度の角膜乱視眼であれば十分に矯正できるのです。

快適に使っていたレンズが、いつの間にか曇りやすくなってしまいました。どうして曇るようになってしまったのでしょうか。

クリアだったレンズが曇るようになってきた理由として、レンズの表面に汚れや 傷がついていることが考えられます。レンズに汚れや傷がつくと表面がザラザラ になり、涙の成分や汚れが付着して、曇りが発生しやすくなります。
このような状態をそのままにしておくと、乾燥感や異物感につながることもあり、 不具合は見え方だけにとどまりません。もしコンタクトを使用中に曇って見づらいと感じたら、まずは瞬きを意識的に多くするとか、眼科医の指示のもとで点眼 液を使うことで改善することがあります。レンズの曇りは、汚れが原因であることが多いので、こすり洗いを頻繁に行うだけで改善することもあります。
それでも改善しない場合は、処方した施設などでレンズの状態を検査してもらう ことをおすすめします。検査して、細かな傷や落ちない汚れが見つかったときは、 経年変化の可能性が高いので、新しいレンズに買い替えることをご検討ください。
快適なコンタクトライフを送っていただくためには、毎日、ていねいにレンズケ アしていただくことが大切です。それによって、レンズにつく日々の汚れを落と すことができます。ただ、一方で目に見えない微細な傷が少しずつ増えていくの も事実です。個人差はあるものの、レンズの寿命は2〜3年ぐらいが目安といわ れるのは、そのような理由なのです。
今、不具合を感じていなくても、レンズのチェックを含めて、定期的に検査をお 受けになることも忘れないでください。小さな傷といえども、曇り、異物感、乾 燥感、さらには破損の原因になることもあります。できるだけ長くレンズをお使 いいただくためにも、傷や汚れがつかないように、毎日ていねいにお取り扱いく ださるようお願いいたします。

ホルダー(レンズ)ケースは定期的に交換、と書いてありますが、定期的とはどのくらいの期間なのでしょうか。

ハードコンタクトのレンズケースの交換は、半年から1年を目安にしてください。早めの交換をおすすめする理由は、目に見えないほどの傷でも、いったんケース についてしまうと、それが原因で雑菌やカビが発生し、繁殖する可能性があるからです。ケースに傷がついているのを見つけたときや、汚れが落ちにくいと感じたときは、すぐに交換することをおすすめします。
コンタクトレンズ協会や眼科学会によると、洗面所など、水回りのそばは湿度が高いので保管場所として適しておらず、ケースそのものが雑菌の温床になることがあるという報告もあります。
レンズケースは定期的な交換も必要ですが、毎日のお手入れも忘れないよう心がけてください。お手入れの方法は、まずケース内の洗浄保存液を捨て、次に水道水を流しながらケースの中をよくすすぎ、自然乾燥させればOKです。普段からケースの中をしっかりお手入れし、湿度の高くない場所で保管するよう気をつけてください。

塩素系のタンパク除去洗浄剤や、研磨剤入りの洗浄液を使うと、頑固な汚れでも落ちると聞きました。レインボーのレンズにも使ってよいのでしょうか?

レインボーでは、塩素系のタンパク除去洗浄剤や、研磨剤入りの洗浄液をお使い になることを、すすめておりません。その理由は、どちらもレンズの表面を傷め てしまい、見え方や装用感を悪くする可能性があるからです。塩素系のタンパク 除去剤に関しては、成分が強力なため、脱色や退色の事例があります。また、研 磨剤入りの洗浄液は、レンズ表面を傷つけてしまうだけでなく、繊細に加工され ているレンズカーブや度数などの「規格」、つまりレンズの“要”を変えてしまう 恐れもあります。
強力な汚れ落としの洗浄剤や洗浄液を使って頑固な汚れが落ちたとしても、レン ズを傷めてしまっては元も子もありません。レンズのお手入れを、毎日、ていね いに行っていただければ、それほど汚れを心配する必要はありません。ただ、ど うしても汚れが頑固で落ちないという場合は、高分子微粒子入り洗浄剤が市販さ れていますので、ご利用なさるとよいでしょう。

  • コンタクト・ライフ Q&A
  • Q1〜Q5
  • コンタクトレンズを保存するとき、レンズケースに水道水を入れて保存しても大丈夫ですか。 コンタクトレンズを1か月以上使わないときは、どのようにして保存したらよいのでしょうか。 ハードコンタクトレンズの内側が洗いにくいので、上手に洗える方法を教えてください。 ゴミが少しでも目に入ると痛いのに、どうしてコンタクトレンズを入れても大丈夫なんでしょうか。 コンクタトレンズの平均寿命は何年ぐらいですか。
  • Q6〜Q10
  • 使い始めてまだ2日目なのに、レンズが曇ってしまいます。モイストワンプラスで通常通り洗浄しましたがやはり曇ります。
どうしたらよいのでしょうか。 コンタクトレンズをしているときでもアイメイクをしたいのですが、よい方法はないでしょうか。 コンタクトレンズケースのお手入れについて、頻度などを教えてください。 コンタクトレンズを毎日つけているわけではないのですが、毎日つけていたほうがよいのでしょうか。 目の検査は、眼科で定期的に受けなければならないのですか?
  • Q11〜Q15
  • 今度、コンタクトレンズをつくり替えようと思っていますが、今使っているコン コンタクトレンズを外さずに寝ても大丈夫ですか? 外国へ旅行するとき、行く先の国の水道水を使ってレンズを洗って大丈夫でしょ レンズに油膜のようなものがついて取れないのですが、どうしたらよいですか。 遠近両用コンタクトレンズの「コンフォクレール」は、乱視にも効果があるの
  • Q16〜Q18
  • 快適に使っていたレンズが、いつの間にか曇りやすくなってしまいました。どう ホルダー(レンズ)ケースは定期的に交換、と書いてありますが、定期的とは 塩素系のタンパク除去洗浄剤や、研磨剤入りの洗浄液を使うと、頑固な汚れでも